役者さんにとって、原作がある映画に配役が決まり出演するのは、かなりプレッシャーを感じることだと思います。
とはいえ、最近は原作が無い、完全オリジナルの作品が映像化されるのはとても稀。
いくら「原作と映画は違いますから」と言っても、とくにその原作に熱狂的なファンがついていればなおさら、イヤでも評判が気になってしまうのは当たり前だと思います。
映画を見ている側としても、「○○のキャラクターはあなたじゃない!」と感じたことがあるのは、私だけじゃないでしょう。
その逆で、「そう、○○はまさしくアナタです!」と、ドンピシャリの配役が決まった時も、楽しいですよね。
作る側にとっても、見る側にとっても、原作の映像化というのは、色んな意味でドキドキです。

海外で大人気の小説、「Fifty Shades of Grey」ってご存知ですか?
来年のバレンタインデーに、全世界同時で映画版も公開される作品です。

メディアでもたくさん取り上げられているのでご存知の方も多いかと思うのですが、
もとはイギリスの主婦が、こちらも世界を席巻したバンパイア・ラブストーリーの「トワイライト」シリーズに触発され、
主人公エドワードを主人公に想定しながら書いたファンフィクション。
つまり、日本で言うところの同人誌。
その小説が爆発的な人気を得、大手出版社も獲得し、ついには映画にまで発展したという、驚くような作品です。
シリーズ3作にわたって、大富豪グレイと、ウブで奥手な主人公アナの恋愛模様が描かれています。

「トワイライト」シリーズと同様、熱狂的な原作ファンを持つ「フィフティ~」は、映画版のキャスティングも超難航。
 特に、グレイ役には「どの俳優がいい」というファン同士の白熱トークがネット上でやり取りされ、
一度はグレイ役にチャーリー・ハナムが決定したものの、
ファンから大ブーイングを食らってしまい、キャスティングが振出しに戻るという異例の事態を巻き起こしました。
(制作側のご苦労たるや、想像を絶しますな。。。)
ハナムの後任としてグレイ役に決まったのは、当時ほぼ無名だったジェイミー・ドーソン。
アナ役も決まり、無事来年2月、公開される運びとなりました。

実はわたし、この原作は未読で、熱狂的ファンでもなんでもないのですが、
先日、"原作の熱狂的なファンが初めて映画予告編を見た時のリアクションを撮ってみた"という動画を見たんです。




英語がわからなくても、彼女がいかに映像に狂喜乱舞しているのか、お分かりいただけると思います(笑)
すでにプレビュー数は40万を超えている人気動画ですが、
映画制作側からしてみれば、理想的なファンですよね。
興奮冷めやらず、連続で予告編見て、初見とほぼ同じリアクションしてますし(笑)
「手!手!目!目!オーマイガー!」って(笑)

初めて見たときは、彼女の超オーバーリアクションにただ爆笑したんですが、
なんかこの純粋な「すごい!完璧!映画がめっちゃ楽しみ!!」という感じ、
まるで学生時代の自分じゃないか!と我に返ったのです。
この純粋な気持ち、忘れちゃいけないよなぁ、と(笑)
最近、小説から映画になった作品で、ここまで一喜一憂したのってなんかあったかな?と、ふと思ったのでした。