ご無沙汰しております。
春が一瞬で過ぎ去って、もう夏ですね。
寒いのより断然暑いほうが好きなのでウキウキする一方、
やはり暑さでグッタリするのは避けきれず・・・。
今年もアイスとビールに頼る夏になりそうです。

少し前の話になりますが、ニューヨークに出張に行ってきました。
出張の主な理由はブロードウェイ観劇。
昼夜連日観劇三昧なので、時差ボケとの熾烈な戦いが毎度チャレンジングですが、いやぁ、うれしい出張です(笑)

「これはマストだ!」と狙って行ったのが、
ジョン・キャメロン・ミッチェルが主演を務めていた「ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリー・インチ」と、
先日トニー賞主演男優賞ノミネートが発表された、渡辺謙さん主演の「王様と私」。
ジョン・キャメロンも、トニー賞での特別賞が発表されましたね。
51歳であのステージはすごい!!と、見に行った我々も感涙。
特にこの「ヘドウィグ~」は、もう何年も付き合っている作品なので、まさかオリジナル・キャストのジョン・キャメロンがヘドウィグで、それをブロードウェイで見れるなんて、奇跡そのもの!
終わった後は楽屋で挨拶もさせて頂き、お土産にサイン入りSugar Daddy Candyもいただきました。
えぇ、ただのファンですね(笑)
IMG_2778

ベラスコ・シアターの前で。
現在のヘドウィグは、「Glee」でおなじみのダレン・クリス。
7月後半からは、なんとテイ・ディグスがヘドウィグを演じます。
これは楽しみ!!!
あぁ、また見に行きたい・・・。


IMG_2859

おみやげのJCMサイン入りSugar Daddy Candy.
出待ちをしてくれるファンに配っているそうです。
アメリカの友人に見せたら、「Sugar Daddy!懐かしい!」とのこと。
駄菓子的な感覚みたいです。


先ほど、ジョン・キャメロン・ミッチェルが51歳でヘドウィグなんてすごい!と書きましたが、
実はそれより年配で初・ブロードウェイ、初・英語劇、初・ミュージカルに挑戦されたのが、渡辺謙さん。
御年55歳。
もうなんか、軽々しくすごいとか言うのすら、失礼な気さえしますね・・・。
光栄なことに、プレビューの初日、つまり謙さんにとってホントのホントの初舞台、を見ることができました。

IMG_2794

劇場はNYCの中でも権威中の権威、リンカーン・センター。
夜がまたキレイなんだ、コリャ。

IMG_2798


「The King and I」のネオンも素敵!

プレビュー公演とは、本公演の前に役者・スタッフともども"練習"でやる公演のこと。
(もちろんちゃんとチケット代はかかるので、真剣な練習、です)
とくにプレビューの第一回目は、お客さんを入れて演じる初めての公演なので、
役者さんのみならず、スタッフさんにとっても初めての連続。
もちろん中には「ありゃ、大道具がうまく動かない」とか、「役者の立ち位置が・・・?」みたいなこともありますが、
お客さんもそれで「なんだよコレ!」となるわけではなく、「プレビューだし、がんばれ!」という気概でいく、ということです。

厳しい批評で知られるNYCですが、業界内では「プレビュー公演の批評はしちゃダメ」という暗黙の了解があり、
この時は新聞やWEBも"批評"はしません。
でももちろん、"あれがもっとこうだったら・・・"、や"○○がイマイチ"などの評判はイヤでも立ちます。
その評判、批評、意見を制作側は目いっぱい参考にし、
本公演にむけて作品をさらにブラッシュアップさせていくのです。
特に舞台は、稽古でやるのと、お客さんを入れてやるのとで、びっくりするぐらい作品が変わるんですよね。

しかし「The King and I」、プレビュー公演第一回でも素晴らしかった!!!
舞台装置から歌、衣装、そして何より謙さんをはじめとする役者さんが、もう最高でした。
「これが本場だよなぁ・・・」と、二階席で羨望のため息をつきながら堪能させて頂きました。
きっと、私が見たプレビュー公演と、現在公演中の本公演は、また全然違うものになっているのでしょう。
ぜひもう一度見たい作品です。

IMG_2791

上記の二作品以外にも、あと4本・・・?ぐらい見たのですが、その話はまた次回。

自由時間を使って、どうしても食べたかったフローズン・スモアを売るお店に行ってきました。
日本上陸でも話題ですよね。
マシュマロの中にアイスが入ってて、その周りをバーナーで焼いたお菓子です。
喜び勇んでかぶりついたものの、
想像以上のデカさに、想像以上の甘さで(てかコレ砂糖の塊やんか!)、
一緒に行ってくれたアメリカの友人に、一口かじっただけで全部押し付けてしまいました・・・(笑)
うーん、アメリカ人の味覚はまだ謎だなぁ。。。