「ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリー・インチ」、「王様と私」のほかに、NYCで見たのはこちら。
「Nevermore」
「Queen of the Night」
「Beautiful -Carol King Musical-」
「American in Paris」
「50 Shades! the Musical」

・・・これに「ヘドウィグ」と「王様」で、合計7本!

この中でも、「Queen of the Night」は、普通の舞台作品からは少し毛色の違う、
観客参加型・ディナーパーティー形式のショー。
「これは行ったほうがいいよ!」と噂には聞いていたものの、
予想をはるかに超えるサプライズ・演出・食事のおいしさ(これ特筆!)・異色の世界 にドーパミンマックス。
目の前で行われるサーカスに、入店の時から始まるパフォーマンス、
イチイチ凝っているセットや調度品のひとつひとつにテンションは上がるばかり。

IMG_2703

食事の様子。
まるでバイキングになったかのような気分で、この豪快な肉にかぶりつきます。
だいたいこういうショーで出る食事ってザンネンなものが多いけど、
さすがホテルが会場なだけあり、ここは食事だけでもめちゃおいしい!
この料理が出て、ワインもガブガブ飲めて、それでこのショーが見れて140ドルはお得だわ。。。



入場後、開演までの間、お客さんはそれぞれランダムに演者からピックアップされ、
「あっちに行け」「こっちに来い」「何をしろ」という指示を受けるのですが、
私が受けた指令は、「バーからシャンパンボトルを盗んで来い」。

「えぇ!」と一瞬躊躇するものの、
すでにQueenとの異世界ムードに入っている私は意を決してバーカウンターへ。
レジ裏に隠されていたボトルをこっそり頂戴し、ジャケットの下に隠して元いた場所に撤収。
「やった!盗めたよ!」と、指示を下した演者の一人に言ったら、
「よし、そしたらそれを10分以内に飲み干せ」という次の指示を受け、これももちろん忠実に実行。
結果、ただのヘベレケになった状態で、Queenとの一夜を楽しんだのでした。
ちっ、あいつらよくわかってるぜ(笑)

IMG_2712

IMG_2695


こんなショーが、手を伸ばせば届く距離で繰り広げられます。
NYCへ行かれる際はぜひ!
いまは季節限定、ルーフトップガーデン(ブランチ的な)も開かれているそうな。
うーん、行きたい・・・。

IMG_2691

すでにNYCも夏のようですが、渡米した3月のセントラルパークはまだこんな感じ。
スノーブーツでザクザク歩けて楽しい!と感じるのも最初の15分程度。
あとはただひたすら寒さとの闘いでした。

IMG_2687

だけどやっぱり楽しいNYC.
テイラー・スウィフトも歓迎しています。